花見とは女の子をナンパしてお持ち帰りしてハメ撮りするための季節イベントです

カテゴリー

花見の季節は女の子をナンパしないと損

春になってきたので、ようやくエンジンかけてブログを書くために、見ず知らずの女の子とたくさん出会ってエッチに持っていく行動を強化。

最近はコンパでの出会いが多かったりするが、花見の季節はナンパでしょ。ナンパ。

ナンパでお持ち帰りして、女の子が喜びながらパンツを脱いだ状態におちんちんを挿入してお互い笑顔でバイバイするだけ。

花見でナンパしない方が損。うん。損。

男4人でお花見開始。

自分らは男同士だけでも飲みを楽しめるので、それはいいこと。

少ししてから男2人で分かれて、呼べそうな女の子がいないか周りを巡回。

なかなかのスペックの女の子2名を、一声かけで確保。楽~勝♪

 Hちゃん(26歳・OL)
 Rちゃん(26歳・OL)
 
男女お互い目的が花見で共通なので、ほんと花見でのナンパは楽

元の場所に連れてきて、2:2で飲み直し。

残りの2人のツレらは別の女の子をナンパに行った模様。

最近の恋愛トークなり、最新のちんぽ挿入事情なりを掘り下げてトーク。

お花見でのナンパは男女ともにお互いが目的がおおむね同じなので、トークも楽。

暖かい時期から夏の暑い時期のナンパが一番ノリに乗れる。

女の子も開放的になる時期。だから女の子も彼氏がいたとしてもそれは置いといて今を楽しむ目線でメンズを見てくるね。

だから基本的にはエロトークはちょいちょい挟んで女の子のエロ意識を早めに引き出してあげるのが重要。

ナンパで出会った女の子は基本的にこっちに少なからず食いついている状態。

要は海に釣り針を投げて食いついた状態。

その状態から釣り上げるためにはそれなりのトークやコミュニケーションが重要なので、それは男の腕次第というのがナンパの難しいところ。

ただナンパである程度女の子を連れだせる男なら、ある程度自分スタイルのトークなりコミュニケーション力を持ってるはずなので、そこからはいつも通りの流れ。

ナンパで引っ掛けたものの、その後のトークで女の子の食いつき悪いことは良くあるあるなので、その場合にはツレに回す感じで。

今回はそれなりに食いつきはあったものの、近場に連れ出せるところもなかったので、そこは無理せず。

そのうち、残りの2人の男のツレらも別の女の子をナンパして連れてきて同じ場所に合流。

なぜか同じ場所に初対面の2組の女の子が「はじめまして」って挨拶しちゃうシチュエーション。

でもそれが成立してしまう花見の季節のナンパ。

はいおもろい。

花見からの女の子持ち帰りからのハメ撮りからの次回バーベキューって、ほんとリア充

花見でナンパした女の子らとそれなりに盛り上がったものの、花見時期で人多くあおかんできる場所も無く、花見の場所で2人の女の子を引き離せず、22時頃に解散する方向に。

ただ、女の子同士帰る方向が違うってことでで、男女1:1で帰るパターンにはもっていけることに。

自分が担当してた女の子はまだ時間的に余裕ってことと、自分と担当の女の子は家が近場だったので、マイホームにin。

ナンパで釣れる女の子って、少なからず男女の中を意識するので、エッチするか否かは紙一重。

自分は事前にエロ系のイメージは刷り込めていたので、その流れで難なく、いちゃいちゃ、ハメハメ、ハメ撮り、即。

OLってだけで興奮するね。うん。「OLが会社の外では2~3時間前にはじめましてで出会った男のチンポを喜んでしゃぶってます」っていうのを妄想すると興奮するでしょ?♪

2017.4.21

自分は明日も仕事だったので、そのOLと後日改めてバーベキューをする話して解散。

1回エッチできた女の子をスライドさせて、合コン代わりにバーベキューに持っていくのは小技やね。あるある。

ナンパでひっかけた女の子とエッチして、その後にその女の子の友達を呼んでのバーベキューとか、はいリア充。

仕事が忙しい時に自分が使ってるネットナンパ用のサイト。オススメ(経験上)
出会いが見つかる安心の老舗優良マッチングサイト PCMAX